コスプレ備忘録 > 観察と想像は大切です

観察と想像は大切です

アニメや漫画などの、二次元的なものを衣装に起こす時も、
映画や舞台の衣装を型紙に起こす時も、大切なのは観察することです。
コスプレの衣装を作る時にまず始めることは、
その衣装の全体図がどうなっているかを確認することなのです。

映画や特撮などは、人間が着ていることから立体図を想像しやすいですし、
背面などがどんなデザインになっているのかが分かりやすかったりしますが、
アニメや漫画はなかなか思い通りの角度から背面や細かなところを観察することが出来ず、
衣装を作るうえで悩む人も少なくないでしょう。
柄がどんな風に続いて行くのか、飾りはどこまで付いているのか、
髪で隠れている部分や、中に着ているものはどんな形なのかと、疑問は尽きません。

設定資料集などがあれば、それで前身頃と後ろ身頃の形の確認をしましょう。
資料集での確認が済んだら、映像などをコマ送りにして、
探している角度で見ることが出来ないかを確認しましょう。
その際、ノートなどにどの部分がどうなっているかを描き込んでゆくことも大切です。

観察が終わり、それでも分からない部分がある場合は、
それはもうあなたの想像力で補う他ありません。
他のキャラの衣装で似た作りのものがある場合や、気になる角度が確認できる場合は、
それを自分のキャラの衣装に置き換えて想像してみましょう。

間違っていたとしてもいいのです。
間違っていることが分かった時に直せばいいのです。
あなたの、そのキャラに対する愛情が深ければ深い程、
あなたは頑張って衣装を作ることが出来るでしょう。

作って終わりではなく、改良を重ねることも大切です。
パーツのひとつひとつ、エンブレムや飾り付けのひとつひとつの細かさや再現度合いで、
ぜひ、あなたのキャラへの愛情を表現してみてください。